2008年10月24日

秋の遊行1(長野7)

ソフトクリームは、是が非でも食べねばなるまい。

ビーナスラインを下る道すがら、展望台の売店で。
ブルーベリーソースがけ。
081020_1502~001.jpg

…美味しかったけど、食べたら冷えた。
ので、キノコ汁、いってみよう。
081020_1513~001.jpg

七味たっぷりで、あったまりました。

* * * * *

ぐんぐん下って、諏訪方面へ。
諏訪湖の夕暮れ。
081020_1633~001.jpg

武田信玄ゆかりのお寺を拝観しつつ、のんびりと。
岡谷ジャンクションから中央道へ、ゆったりと帰ってきました。

やっぱり、旅はいいなあ。
posted by K10 at 11:41| 秋旅2008

秋の遊行1(長野6)

ビーナスラインは、素晴らしい紅葉でした!
山が黄金色に沸き立つようです。
空気もさわやか。

* * * * *

この日、名古屋では夏日だったそうです。
そのため、高原も思っていたよりは暖かく、
寒がり夫婦は助かりました。

美ヶ原高原を訪れるのは、2回目です。
夫も私も、学生時代にそれぞれ遊びにきました。

懐かしいなあ、美しの塔。
081020_1304~001.jpg

牛さんはいなかったけど、馬さんが3頭いました。
景色の中、そこだけ異質な電波塔がにょきにょき。
(携帯はばっちり3本です)

雲の影が、ゆらゆらと私の影を消して追い越していくのが、
ああ高原だなあ、と思いました。

高原美術館(入館はせず)でおみやげを買って、
ビーナスラインで山を降りることにしました。

(続→)
posted by K10 at 11:11| 秋旅2008

秋の遊行1(長野5)

まずは、ガソリンを入れないと。(miniにも朝ごはん)

「最寄のスタンドまでは4キロほど、すぐですよ。」

それならば大丈夫、と出発しましたが。
…4キロ?もっと、行ってない?
宿に行く時も感じたのですが、山道というのは実際よりも
距離を長く感じるようです。
(なんだか、直線距離?と思ってしまいました)

小心者の私は、少々ハラハラ。
しかしまもなく、スタンド発見。
よかったー。

* * * * *

この日は、ビーナスラインを北上して美ヶ原へ。
お腹いっぱいのminiで、ふたたび温泉の里へ戻りつつ
ビーナスラインに入る道の曲がり角にて。

お蕎麦屋発見。
信州にきて、蕎麦食わずに帰れるかいっ。

というわけで、ちょっと早いお昼ごはん。
(さっき朝ごはん食べたばっかりだけど)

おばちゃんふたりで切り盛りしているお店でした。
お宿で食べた茸の美味しさが忘れられず(まさに旬!)、
きのこ蕎麦を注文。

…したとたんに目に入ったお品書き。
081020_1151~001.jpg

うおー、気になる!
が、まあお蕎麦にもキノコ入ってるんだしと我慢。

そしてお蕎麦。いえーい☆☆☆
081020_1147~001.jpg

写真が下手で、あまり美味しそうに撮れなかったのですが、
めちゃ美味しゅうございました☆☆☆
いろんな茸がいっぱい入ってました。ぷりっぷりです。
お蕎麦も、香りがしっかりあって素敵。細麺なのも好みです。
たちまち完食。
ごちそうさまでした!


(続→)
posted by K10 at 10:50| 秋旅2008

秋の遊行1(長野4)

次の日もまた、素晴らしい天気。
朝から露天風呂。
(部屋風呂は、24時間いただけます)

胃腸によいという温泉、のためでしょうか。
朝から食欲もマックス。

ごーはんだごはんーだー、朝ごはんー♪
081020_0857~001.jpg

これにニジマスの陶板焼きと、シンプルなわかめのお味噌汁。
お味噌は自分の好みで、溶いて入れられます。

わーい、炊き立てお釜ごはん☆☆☆
081020_0900~001.jpg

りんごのジャム(というよりはコンポート、すっきりとした甘さの)が添えられた、小さなヨーグルトがついていました。
このヨーグルトがまた、美味しかったんだなあ。

* * * * *

荷物をまとめてから、ラウンジでコーヒーを一杯。
とてもさわやかな気分。
お宿のご主人は、お坊さんのようです。
朝のお勤め、お経の声がかすかに聞こえてきました。

お世話になりました。
お部屋からの眺めも実に趣きある景色で、とても安らぎました。
ありがとうございました。

また行きたいなあ。

(続→)

posted by K10 at 10:33| 秋旅2008

秋の遊行1(長野3)

お宿はこちらを予約しました。

『湯元 群鷹館』
http://www.gunyoukan.co.jp/

扉温泉の、一番奥にたたずむお宿。

伝承として、天の岩戸を開いた天手力雄命が戸(扉)を戸隠神社に運ぶ途中で休息したという神話に由来する扉峠に因む。明治時代初期以降、胃腸病に効能がある温泉地として保養に利用されてきた。 …ウィキペディアより

天手力雄命は「腕力(筋力)、スポーツの神様」でもあるそうです。


続きを読む
posted by K10 at 10:09| 秋旅2008

秋の遊行1(長野2)

式から戻った夫とともに、宿泊地「扉温泉」へ向かう。

「軽井沢から、1時間半くらいですよー」
予約した宿のご主人は教えてくれました。
実際、昼間だったらそれくらいで到着できたと思うのですが。

…もーのすごい、山道。
真っ暗ですし。

ピッカー、と強いふたつの光が、と思ったら、
鹿さんでした。
ゆっくり、山に消えていきました。
(すごい悠々としていました…)

そそくさと藪に消えたのは、たぬきさん?
(後で宿のご主人に聞いたら、
「それはきっとハクビシンですよ。」
 しっぽがあまり、太くなかったんです)

馴れない山道でどっきどきなのに、途中でガソリンの
レッドランプが点いたりしたもんですから、もう。
慌てて携帯をみると、お約束通り「圏外」。

スリル満点でした。

やっと宿の看板を見つけてほっとしたのも束の間、
その矢印は、ものすごく細い急な下り坂を指しています。
この谷、降りていくの?どきどきどきどき…。

「私たち、食べられちゃうんじゃない?
『注文の多い料理店』みたくな展開で。」

かなりな冒険気分を味わって到着。


※注:
(次の朝、明るい中で見た道はそんなに怖くなかったです。)

(続→)


 

posted by K10 at 00:01| 秋旅2008

2008年10月23日

秋の遊行1(長野1)

夫の友人が、軽井沢にて結婚式をあげました。
おめでとうございます!いついつまでも、お幸せに!

出席する夫に合わせて、プチ旅を計画。
愛車miniで出かけました。

10月19日、素晴らしいお天気。
朝7時半に名古屋を出て、休憩をはさみつつも
12時過ぎには中軽井沢に到着。
夫はそのまま式場へ。

私は午後いっぱい、ここで過ごしました。

ルヴァン美術館 http://www.levent.or.jp/index.html

081019_1429~001.jpg続きを読む
posted by K10 at 23:27| 秋旅2008