2008年08月18日

夏 tabi(朝宮、宇治田原)3

ずどんと山へ行き当たり、「右:大滝、左:茶宗明神社」。
とりあえず、左。またも里へ迷い込む。
急な斜面の、すごく細い道。すぐ脇には水路があって、
車で走るのはかなり厳しい。
どうしよう、と、路肩に駐車し車を降りた途端、

ぴよーーーーーーん。
と、私の足元からでっかい蛙が飛び出し腰を抜かす。

ぴよーん、ぴよーん、ばしゃん、と
蛙は水路に消えていきました。

神社を諦めた、へたれ夫婦。

せめて大滝を目指す。
・・・絶対すれ違いの不可能な山道を、びびりながら登る。

幸いなるかな。たどり着いた滝は、優しい、
まるで瀬のような可愛らしい滝でした。

VC[W1.JPG

ちなみに、茶宗明神社にお祀りされているのは、
江戸時代の茶家、永谷宗円。永谷園を創始した人です。
煎茶を発明したのは、この方だそうです。


滝のマイナスイオンをたっぷり浴びて、帰りました。
posted by K10 at 18:54| mini tabi

夏 tabi(朝宮、宇治田原)2

そこから西へ、宇治田原町へ。
滋賀と京都の県境の山を抜けていきます。
山道では、しし鍋の看板を多く見かけます。

(木の竿に剥いだ毛皮を何枚も干してある場所があって、
 何やら秘境に迷い込んだ気分)

山の斜面は、ずっとお茶畑。

DSCN1011[1]

山里をうろうろ。御栗栖神社は蝉の声ばかり。
鳥居のそば、土地の男性に声をかけられる。

「湯屋谷の、茶宗明神社に行きなせい。
 近くには大滝ちゅう滝もあるに。」
(方言が非常にきつかったので意訳。)

・・・湯婆バとか、いる?
ほんの少し山に入っただけなのに。
なんだろうこの不思議な空気。
ちょっと、怖い。どきどき、わくわく。

もと来た道を、湯屋谷へ戻る。

(毛皮を干した場所をまた通る。
 皮と皮の間に、何やら強烈な言葉を書き付けた
 札が何枚もさがっていた。驚愕。
 民俗学に明るい知人に話したら、何か呪術的な
 意味があるのかもしれない、とのこと。
 ふむう、興味津々。宿題。)

(→続)
posted by K10 at 18:37| mini tabi

夏 tabi(朝宮、宇治田原)1

5月春旅の折、偶然出会った朝宮の「田舎番茶」が
とても美味しかったのです。
お店の名前もわからなくなってしまいましたし、
せっかくだからドライブ、滋賀まで再び mini tabi 。

朝10時半頃、のんびり出発。
途中、養老のSAでラーメンすすって、ゆったり旅。
13時前には朝宮に到着。

朝宮茶の祖は、最澄殿との説があるそうです。

大袋でしっかり購入。
(通販も可能だそうで、嬉しいかぎり)。

ちなみにこの日は、浴衣で遊行。
SAにて、蕎麦屋の店員なワタクシ。

VC[W3.JPG

(→続)
posted by K10 at 13:49| mini tabi